Home > NEWS > シュートボクシング > 海人「このトーナメントは僕のために用意されたもの」:11.22 TDC

海人「このトーナメントは僕のために用意されたもの」:11.22 TDC

 11月22日(水)東京ドームシティホールにて開催される『-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017』のSB日本スーパーライト級王座決定トーナメント一回戦で元DEEP☆KICK65kg級王者・憂也(魁塾)と対戦するSB日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)。他団体のチャンピオン勢が集結したこのトーナメントで唯一ベルトを獲得していないのは海人のみ。SB真のエースとして「このトーナメントは僕のために用意されたもの。何が何でも獲る」と初戴冠に向け、力強い意気込みを語った。(記事提供:シュートボクシング協会)
──前戦となった9月の宮越慶二郎戦を振り返ってもらいたいと思います。5RにヒジによるカットでTKO勝ちでした。
「1R目は試合内容的に押されていたと思うんですけど、宮越選手も打ち合いに来てくれて自分も気持ちだけで勝負した部分もありました。最後にああいう感じでヒジで斬って勝った瞬間は嬉しかったです」

──宮越選手はニンジャ・フットワークと言われている独特な左右に動くステップの戦い方をしますが、やりづらさはありましたか?
「スピード面はイメージ通りだったので追いつけるとは思っていましたが、正直やりにくかったですね。自分が思っているよりも距離が遠いところから攻めてきました。自分の攻撃が当たらず、1、2Rは迷いましたが3Rからは少しずつ立て直せたかなとは思います。あと、試合で初めてあんなにパンチをもらい、うまい選手だなとやってる途中で思いました。正直このまま行ったらマズいなとは思ってました」

──最後のヒジは狙っていたものだったのでしょうか。
「いや、正直ヒジが当たって切れるというのは全然、想像してなかったですね。どっちかというとパンチでいってパンチで倒すイメージの方が強かったんですけど、試合前に行っていたタイ修行でしてきたヒジの練習が活きたかなと思います。タイで教えてもらったことを日本に帰ってきてからもやってたりしてたので」

――宮越戦を反省して今度の試合に向けて取り込んでいることはありますか。
「パンチをもらったことで遠い距離でも気を抜かないことや、宮越さんが使っていたあのステップを盗んで、今ではシャドーでも意識してやっているので今度の試合で見せられるかもしれないです。それを使いながら遠い距離でも攻撃を当てていけたらいいなと」

――今大会では現在空位のSB日本スーパーライト級王座を懸けたトーナメント出場となりました。
「やっと自分がベルトを獲れる時が来たなと思います。ずっと62-63kgで試合をしてきて正直65㎏での試合はまだ意識していなく、まさかここでタイトルマッチの話をいただけるとは思ってもいませんでした」

――トーナメントの出場メンバーを見てどう思いましたか。
「凄いメンバーをシュートボクシング協会は集めてくれたなと思いました。今回は苦戦すると思います」

――トーナメント一回戦は憂也選手に決まりました。
「憂也選手とは出稽古先の魁塾で一緒に練習していたことがあって、だいたいどういう動きをしてくるのか想像出来ているので楽しみです。自分よりも背が高いイメージがあり(海人、憂也ともに177cm)距離も遠いのでやりにくいとは思いますが、自分も勝負出来るところはあると思います」

――ここ最近の憂也選手の試合を観たことはありますか?
「全然観てないです。全然意識していなかった選手ですし、まさかこのトーナメントには出てくるとは思ってもいませんでした」

――他の出場メンバーについてはどうでしょうか。
「他の2選手もやりづらい相手だと思います」

――決勝戦に勝ち上がってくるのは健太選手と高橋選手のどちらでしょう?
「高橋さんとは一度対戦してますし(2016年2月13日、海人が判定勝ち:写真)、僕的には健太さんに上がってきて欲しいですね。高橋さんともう一度やっても前回以上の差を見せて勝つと思います。今回ヒジありのトーナメントなので倒します」

――ちなみに健太選手についてはどのようなイメージを?
「全体的に上手な選手ですよね。フェイントもうまいですし、パワーもありそうです」

――出場メンバーの中で唯一海人選手のみがタイトルを持っていません。そこは意識していますか?
「このトーナメントは僕のために用意されたもの。ここで何が何でもベルトを獲らないと前に進めません」

――今年最後の試合になると思いますが、来年はどういう一年にしたいですか?
「11月でベルトを獲って来年はチャンピオンとしてどう戦っていくかが楽しみですし、他団体のチャンピオンとの試合もどんどん組んでいただきたいと思います」

――最後に会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。
「自分がチャンピオンになる姿をぜひ見に来てください」

対戦カード


SB日本スーパーライト級(65kg)王座決定トーナメント決勝(肘有り) 3分3R(無制限延長R)

SB日本スーパーライト級(65kg)王座決定トーナメント一回戦(肘有り) 3分3R(延長1R)
海人(TEAM F.O.D/SB日本ライト級(62.5kg)1位)
憂也(魁塾/元DEEP☆KICK -65kg級王者)

SB日本スーパーライト級(65kg)王座決定トーナメント一回戦(肘有り) 3分3R(延長1R)
健太(E.S.G/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
高橋幸光(はまっこムエタイジム/元J-NETWORK&MA日本ライト級王者)

契約体重 R数未定
清水賢吾(極真会館/SB日本&RISEヘビー級王者)
三浦広光(SAMURAI SWORD/RINGS/パンクラス・ウェルター級(77.1kg)2位・元王者、元プロボクシング日本スーパーミドル級(76.2kg)1位)

契約体重 R数未定
MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級(48kg)王者)
ペットジージャ・オー・ミークン [Phetjeejar Oh.Meekun](タイ/WPMF世界女子ミニフライ級(47.6kg)王者)

契約体重 R数未定
深田一樹(龍生塾ファントム道場/SB日本フェザー級王者)
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)

出場予定選手


村田聖明(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)
渡辺理想(極真会館)

概要


<スケジュール>
開場17:00 開始17:30

<チケット料金>
VIP席50,000円(パンフレット付)
RRS席20,000円(パンフレット付)
RS席15,000円
アリーナ席10,000円
第1バルコニー指定席8,000円
第2バルコニー指定席5,000円
第3バルコニー指定席4,000円
※当日券は各席500円増し

<チケット販売>
シュートボクシング公式ネットショップ https://shop.shootboxing.org
チケットぴあ 0570-02-9999 http://pia.jp/ Pコード:594-600
ローソンチケット 0570-084-003 http://l-tike.com/ Lコード:32689
イープラス http://eplus.jp/shoot/
後楽園ホール TEL03-5800-9999(会場窓口での販売のみ)

<問い合わせ>
シュートボクシング協会=TEL:03-3843-1212  http://shootboxing.org/

Home > NEWS > シュートボクシング > 海人「このトーナメントは僕のために用意されたもの」:11.22 TDC

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ